FC2ブログ

TGV Duplex 入線

久々に自宅に戻っての更新となりますが、ちょうど先日発売された
「TGV Duplex」が届いていました。
発売が延び延びになっていましたが、ようやく発売されてまずは一安心。

666923.jpg
TGVの輸送力強化の為に、従来の40%アップで1編成で約500名定員と
なった2階建ての「TGV Duplex」。
日本でも通勤輸送力のアップで2階建て新幹線が登場した様に、国は
変わっても、どこも高速鉄道のダイヤは飽和状態の様ですね。

1995年の登場以降、Duplexにも製造年によって多少のバリエーションが
ある様ですが、今回KATOのものはTGV-POSがベースとなっているので、
2007年以降のDASYが一番近いのでしょうか。

666916.jpg
シルバーメタリックのボディーが格好良いですね。
両端の機関車の後に、2階建ての編成が続きます。
これまでの重心の低い客室とはまた違った雰囲気です。
ただ、連結面に台車のある連接構造は同じとなっています。

666930.jpg
そして僚友タリスと。
同じくシルバーボディーのTGV-POSにも惹かれていましたが、
このDuplexが出ると知って、Duplexを待ちました。
POSが揃えば3兄弟揃いますが、なんせ国産の倍の予算!?なので。。。
それよりAVEの新色の方がいうのが、本音でしょうか。

traintrain

テーマ : 鉄道模型
ジャンル : 趣味・実用

7月9日 ED79の日

2日ほど飛びましたが、今日は7月9日ということでED79の日ですね。

ED79は1988年3月の青函トンネル開通に合わせてED75 700から
0番台21両、100番台13両が改造され誕生しました。
100番台は重連用で、国鉄末期の経費削減の為に青森側のみに青函用の
ATCを積み、0番台と組んで使用されます。

624370.jpg
ED79と言えばやはり「快速 海峡」ですね。
50系から改造された青い5000番台が使用されました。

624356.jpg
そして人気列車「北斗星」。
一時は寝台列車で賑わった青函トンネルですが、現在は「北斗星」、
「カシオペア」、「トワイライトエクスプレス」ぐらいでしょうか。
(夜行急行「なまなす」もいますが)

624471.jpg
最後は貨物増発の為に新製された50番台。
こちらはJR貨物色で登場しました。
50番台、0番台の重連も稀に見られた様です。
EH500の増備で大分肩身も狭くなっているみたいですが。

そんな感じで今日はED79でしたが、今週末より仕事の関係で
しばらく更新が不定期になりそうです。

traintrain

テーマ : 鉄道模型
ジャンル : 趣味・実用

ナナハチではなくゴハチで

ED77、ED78とちょっとジャンプしていますが、今日はナナハチ
ではなくゴハチで。

ちなみにED77はED75の軽量型として磐越西線で、ED78はED75の
勾配対応ということで奥羽本線や仙山線、田沢湖線で活躍した様です。
どちらも小さいボディーながらED75と違ってED76の様な3台車を
持っていました。

そんなところで、うちのゴハチを。
お召し61号機、上越型茶の89号機、小窓後期形青の172号機、そして
茶150号機と4両が在籍しています。

602054.jpg
ロクイチの牽く14系客車。
TOMIXからも14系のリニューアル再生産がようやく決まった様ですね。
ユーロピアも再生産に合わせて、ユーロ色のEF65やDD51も出る様で、
EF65は今後一般型に展開されますかね。

602082.jpg
そう言えばKATOの14系寝台車もようやく試作品が姿を現した様で、
新金型の製品が危ぶまれていたKATOもようやく動き出した様で、
これからは新製品ラッシュが続きますか。夏のイベントでどんな車両が
出てくるか楽しみです。

602229.jpg
そして最後はレトロにセピア調で仕上げてみました。

traintrain

テーマ : 鉄道模型
ジャンル : 趣味・実用

またも臨客!! EF641001+24系+EF8181

臨時の客車列車の運転が続くJR東日本ですが、先週末も24系寝台車を
使った団体列車が運転されました。

626334.jpg
牽引機はEF641001とEF8181と豪華でしたが、客車の方も24系が8両と
中々のものでした。
鉄道ニュースの画像から推測すると、
カニ24白帯+オハネフ25 200金帯+オハネ25 100金帯+オハネ25 0金帯+
オハネ24白帯×2+オハネフ25 200金帯
でしたか。
オロネを入れれば、「日本海」ができそうなくらい豪華な編成でした。

さっそくいつもの様に運転。
茶釜EF641001はここのところの週末、ほぼ皆勤賞ですね。
今回は「出羽」のデザインに似たヘッドマークを付けて、ブルトレの
先頭に立ちます。

626362.jpg
そしてもう一方は元お召し機EF81 81。
星釜にはやっぱりブルトレですね。
白帯と金帯の適度に混じった編成が良い感じで。
帰りは青森までの返却回送も担当した様です。

626348.jpg
最後は牽引機の画像を。
今回もヘッドマークを作ってみました。

客車のイベント列車が続いてますが、今年の秋には大井川鉄道で
「999」も運転される様ですね。
当初はJR西日本のマイテ49を使って、大阪からゴハチで、新岩国から
SLでというプランだった様ですが、さすがに沿線に予想される大量の
鉄道ファンの弊害を嫌って却下されたそうですが。

traintrain

テーマ : 鉄道模型
ジャンル : 趣味・実用

7月6日 今日はナナロクの日

昨日に続いて7月6日はナナロクの日ということでED76を。

動輪4輪のD級でありながら、F級の様に6輪を持つED76。
ED76はSG(蒸気暖房)を積んでいたので、車体が大きくなったのと、
軸重を下げる為に6輪となった様です。

624419.jpg
今でも九州で活躍を続けるED76。
以前からJR貨物で後継機の計画を発表されていますが、先にDE10が
居ますし、稼働率もそんな高くない様なので、後回しにされてます。

更新機も多くなりましたが、帯の形状や乗務員扉がステンレスで
無塗装のものなど、いくつかバラエティーもあるようで、JR無線
アンテナの位置も中央やちょっと左に寄ったものも居ます。
真っ赤な機関車にコンテナ列車は似合いますね。

624405.jpg
そして北海道で活躍した500番台。
耐寒の北海道仕様なのか、貫通扉横のタイフォンが特徴的です。
札幌近辺で活躍した様ですが、こちらも耐寒二重窓の50系51型も
北海道名物で、今も気動車に改造されて現役ですね。

通勤対策で3扉に改造されたものも居ましたが、うちのは初期ロットの
2扉です。
ED76の方も初期ロットで、マイクロがNに本格的に復活した頃の製品
なので、今見ると台車の集電がありえない構造ですね。
ギクシャクした走りなので、少し手を入れないとダメな様です。

624393.jpg
そしてその500番台のうち1両だけの存在が、青函用に改造された
550番台です。
あの頃は「北斗星」数本、「エルム」、「日本海」、「トワイライトEXP」、
「海峡」、「はまなす」などと青函トンネルを通過する客車列車も多く、
臨時が運転される多客期の機関車不足を補う為に改造で賄われました。


この赤とグレーの塗装も当時は新鮮でした。
快速「海峡」には、「はまなす」の間合いで14系を使ったものも運転されて
ましたので、その組み合わせで。

最後まで九州ブルトレを牽いたED76ですが、そのブルトレも居なくなって
寂しくなりましたが、模型の世界ではやはりブルトレの先頭にも立たせて
やりたいと思います。

traintrain

テーマ : 鉄道模型
ジャンル : 趣味・実用

プロフィール

roko66

Author:roko66
鉄道模型歴35年。
無類のロクロク(EF​66)​好きで貨物列車や客車、それらを牽引するカマをメインに、関西から愛知に移り住んで、西日本の車両を中心に収集しています。
外国型車両にも興味があり、欧州ネタも偶にやります。

アクセスカウンター
カレンダー
06 | 2009/07 | 08
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
最新記事
最新コメント
カテゴリ
検索フォーム
リンク
QRコード
QR
にほんブログ村 鉄道ブログ
月別アーカイブ