FC2ブログ

引き続き「かもつどっとこむブログ」 をよろしくお願いします

かもつどっとこむブログも2019年に開設10年を迎え、引き続き更新中です。

DSC_33782.jpeg
鉄道模型歴、約35年。
​無類のロクロク(EF​66)​好きで貨物列車や客車、それらを牽引するカマをメインに、
関西出身の地元車両を収集しています。
​最近は入線記事がメインで、軽加工やキット製作などからは遠ざかっておりますが、
欧州関係の車両も増えてきました。

DSC_15668.jpeg
以前はTrainTrainを利用していましたが、2011年夏こちらに移転しました。
(TrainTrainは2015年12月18日でサイトが終了しました)
TrainTrain時代の記事はこちら

またブログ開設以前に簡単なHPも作成していましたが、
その当時(2003−05年)に記事はこちら

不定期更新ですが、コメント歓迎です。
これからもどうぞよろしくお願いします!


2013年4月より、にほんブログ村にも参加しました。
にほんブログ村 鉄道ブログへ
にほんブログ村
にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道模型へ
にほんブログ村

テーマ : 鉄道模型
ジャンル : 趣味・実用

北斗星(沼!?)の最後のピース? TOMIX エルム編成 オハネフ24、オハネ24引戸仕様 入線

KATOのタキ1000後期型の入線を挟みましたが、週間「北斗星」⁉︎
シリーズ、東日本所属の引戸のオハネフ24、オハネ24を入手しました。

DSCN15698.jpg
JR東日本の北斗星B寝台車には、オハネ25、オハネフ25に混じって、
少数ですが同じく引戸化されたオハネ24やオハネフ24も在籍して
いました。

リニューアルされたTOMIXの98642「エルム」セットのボディーのみ
を入手し、手元のオハネフ、オハネの床下を利用。

新品も目を付けているものがあったのですが、さすがに出費も大きい
ので、ボディーがうまく入手できました。

DSCN15700.jpg
テールマークは「エルム」が入っています。
セットでは2両のうち、もう1両は「北斗星」になっています。

金帯のカニ24 511にも、差し替え用の「北斗星」マークが付いて
いるみたいですね。

DSCN15702.jpg
奥がオハネフ25 0番台、手前が今回入手したオハネフ24です。
若干窓割に違いがあります。

DSCN15704.jpg
オリジナルの白帯のオハネフ24とも。
ドアが寒冷地向けに折戸から引戸になり金帯に。

DSCN15706.jpg
オハネ24の方も。
奥はJR北海道のオハネ14から改造された500番台ですが、ドア横の
点検蓋らしきもので、JR東日本のものは帯が途切れています。

DSCN15709.jpg
反対側はオハネ24 500は非常口が埋められたりと、手前の東日本仕様
とは窓割りが違いました。

DSCN15715.jpg
手元の北斗星B寝台車両を掻き集めて、「エルム」を組成してみます。
牽引機は、こちらも昔ボディーのみ入手した旧仕様のEF81 133星釜
ヒサシ付きです。

うちでは「エルム」を旧仕様の92757セットの方を単品で揃えた感じで、
EF81 133、カニ24 500更新車、オハネフ25 0、オハネ25 0、
オハネ25 100、オハネフ25 100の編成を「北斗星」東日本編成に
使用していました。

リニューアルされた98642セットの方は、
EF81 133、カニ24 511、オハネ24、オハネフ24 0、オハネ25 0、
オハネ24、オハネフ24と、オハネ25 0以外は単品とは違う構成に
なっています。

続きを読む

テーマ : 鉄道模型
ジャンル : 趣味・実用

入線した KATO タキ1000 (後期形) 日本石油輸送 8両セットでタキ運転会

先日入線した、KATOのタキ1000 (後期形) 日本石油輸送 8両セットで、
さっそく自宅運転会を行いました。

DSCN15676.jpg
今日は大きい方なので、16両繋いでみます。
まずはDF200 200で。

DSCN15675.jpg
パワフルな連接機EH200にも似合います。

DSCN15639.jpg
ヤードを伸ばして、緑のタキが連なります。

DSCN15647.jpg
タキ43000も登場させます。
EF65PF原色機で。

DSCN15648.jpg
タキ1000の統一された編成と違って、銀、黒、青、緑とこちらは
カラフルな編成が続きます。

特別企画品のタキ43000 日本石油輸送(黒・青・シルバー) 8両セット
に、単品を足した15両編成です。

DSCN15650.jpg
対向からは青いタキ1000の編成を、赤いED75の重連が牽きます。
久々の赤べこ懐かしいですね。

DSCN15651.jpg
国鉄機同士がすれ違います。
JRF新鋭機には無い、味のある風景です。

続きを読む

テーマ : 鉄道模型
ジャンル : 趣味・実用

KATO タキ1000 (後期形) 日本石油輸送 8両セット 入線

今月末は各メーカー新製品ラッシュのようですが、うちではKATOの
タキ1000 (後期形) 日本石油輸送 8両セットを購入しました。

DSCN15573.jpg
これまでは紙ケースでしたが、今回はタキが12両入るブックケース
になりました。

DSCN15571.jpg
ケースの真ん中に緑タキが8両入ってます。

DSCN15575.jpg
緑タキはこれまで初期ロットのENEOSマーク付き8両と、マークなし
単品2両が居て、今回さらにENEOSマークなしを8両追加です。

DSCN15579.jpg
ENEOSマーク付きは増結用の番号違いも含めて3回くらい発売されて
いますが、エコレールマークのない初期ロットです。

DSCN15582.jpg
今回は後期型でリニューアルされ、デッキに後部反射板が付けられる
突起が付きました。(左)

DSCN15583.jpg
付属のコキ106用後部反射板を付けてみます。

DSCN15588.jpg
今回の製品(下)は台車も改良されスナップ式になっていますが、
デッキの構造は同じようです。

DSCN15592.jpg
そこで試してみたのが、旧製品と新製品のデッキの付け替え。
新製品(左)と旧製品(中央)と入れ替えてみましたが、ちゃんと
嵌りました。

これまで旧製品は、TOMIXの反射板を銀に塗って両面テープで付けて
いましたので(右)、今回入れ替えは行いませんが、今後必要なら
可能ですね。

続きを読む

テーマ : 鉄道模型
ジャンル : 趣味・実用

北斗星沼!?からブルトレ沼!? 久々にTOMIX「さよなら なは・あかつき」を見てみる

年明けの北斗星沼!? からブルトレづいておりますが、久々に昔購入
したTOMIXの「さよなら なは・あかつき」を取り出してみました。

DSCN15569.jpg
2008年3月のダイヤ改正で「なは・あかつき」が廃止となり、1年後
の2009年3月に発売されたセットでした。
結構奥に仕舞い込んでいたので、久しぶりの登場です。

DSCN15502.jpg
牽引機はEF66 42。
下関仕様のグレー台車で、屋根上の配管がブルーになっています。

その他にはED76 94とEF81 411が付属していますが、この2両は
「さよなら 富士・はやぶさ」と被ってしまいました。

DSCN15506.jpg
1両ずつ編成を見ていきます。
「あかつき」の特徴的なレガートシート車オハ14 302。

DSCN15507.jpg
電源用ディーゼル発電機付きのスハネフ15 15。

DSCN15510.jpg
先に廃止になった「彗星」から移ってきたソロ オハネ15 351。

DSCN15512.jpg
「出雲」からの転用のシングルツイン、ツイン合造車オハネ14 301。
「トワイライトエクスプレス」のオハネ25 520と同じ感じですね。

DSCN15513.jpg
シングルデラックスのオロネ14 303。
こちらも 「出雲」からの転用ですが、「日本海1・4号」のオロネ25
300番台の予備を兼ねるため、24系にも併結可能な様に改造されて
います。

続きを読む

テーマ : 鉄道模型
ジャンル : 趣味・実用

プロフィール

roko66

Author:roko66
鉄道模型歴35年。
無類のロクロク(EF​66)​好きで貨物列車や客車、それらを牽引するカマをメインに、関西から愛知に移り住んで、西日本の車両を中心に収集しています。
外国型車両にも興味があり、欧州ネタも偶にやります。

アクセスカウンター
カレンダー
02 | 2021/03 | 04
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
最新記事
最新コメント
カテゴリ
検索フォーム
リンク
QRコード
QR
にほんブログ村 鉄道ブログ
月別アーカイブ